百田直樹著「モンスター」

百田直樹著書の「モンスター」を読みました。

高岡早紀主演で映画化された作品です。

とある田舎に、醜く生まれてきた少女がおり、

その醜さゆえに、非常に生きづらい人生を送っていました。

その人生を変えるために、少女は何度も何度も整形手術を受け、

みるみる美しくなっていきます。

初恋の人の心を奪うため…。

この小説はおとぎ話ではないので、現実は辛く、苦しいです。

美しくなった姫を王子様が愛してくれるとは限らないのですね。

王子様が愛してくれるのは、美しい容姿だけ。

王子様は美しい姫を手に入れたいだけで、「自分そのもの」を

心から思ってくれる日は来なかったのです。

それでも、この小説の中で救われる話が一つだけありました。

醜い時に出会った男性が、一緒に田舎に来ないかと言ってくれたこと。

自分が醜い時から知っている男性が、

狂気的に美を求める姿を、本当の自分が知っている男性が、

自分を求めてくれている。

自分を愛してくれている。

主人公の人生の中でただ一人だけ、

本当の自分を愛してくれた人物がいたのです。

その事実が信じられない程嬉しい主人公。

それでも、王子様との恋を選んだのですね。

かつて醜かった時の自分を嘲笑した人たちへの復讐を…。

そして、物語は悲劇的なラストへと走っていきます。

この物語において、単純に勉強になるなと思った

ポイントは、整形手術のやり方や手術代が詳細まで書いてあることです。

一重を二重にするという整形手術は、ポピュラーだと思いますが、

顎を引っ込めたり、上向きになっている鼻の向きを変えたりするのは

大がかりな手術なんだなと思いました。

テレビドラマでよくあるように、

整形手術をして、包帯を取ればすぐに美しい顔、というわけではなく、

術後1か月は、食べ物を噛めなくなったりするという事実は衝撃でした。

「美」を得るというのは本当に大変なのだなあと感じました。

整形手術は良くないという風潮が日本に存在し、整形している芸能人は

批判される傾向にあるます。

しかし、この本を読んでからは整形手術をする人には

相当な覚悟と根性が必要とされるのだと

思うようになりました。

主人公はその苦しさをものともしないで、「美」を求め、

人生を駆け抜けました。壮絶な人生だと思いました。
http://ameblo.jp/qletnv3lntiberwpiayg/にもおすすめの本がいくつか載っています。


宅配漫画買取は便利

親の使ってない部屋を片付けたら凄くたくさんの漫画が出てきて、私が持っていた本棚にも入らないので本を売ることにしました。

もう全部書籍は処分したと思っていたのでびっくりしました。

本棚もたくさんあるのですが、それでも漫画が多すぎて片付けることが出来なくなってしまったので、漫画買取業者に売ることにしたのです。

漫画を捨ててしまうのはもったいないので、売った方がいいかなと思いました。

新しい漫画ではないですが、漫画買取業者に売ったら誰かがまた読んでくれるかもしれないので無駄にはならないかなと考えました。

漫画高価買取 | 高く売る方法とおすすめ業者ランキング

漫画買取は前回の反省を生かして、宅配買取を利用することにしました。

家まで本漫画を引き取りに来てくれるサービスがあるなんて知らなかったので、これはいいなと思いました。

かなり便利です。

買取業者のホームページを見ながら漫画の買取を依頼しました。

指定をした日に本を取りに来てくれたのでよかったです。

漫画ってこんなに簡単に売ることが出来るのだなとわかりましたし、また漫画が増え過ぎたら手軽に売れるのでありがたいです。

古くなった漫画ばかりなので買取価格はそうでもなかったのですが、家の中の漫画を片付けることが出来ましたし、お金は口座に振り込んでもらえたので家からどこかに出かけたりする必要もなく漫画を売ることが出来て便利なサービスでした。


百科事典や漫画、着物も売ります

実家の親と同居することになり、実家と今の私の家双方を処分することになりました。
もちろん引越しに伴う片づけが発生したのですが、その中でも結構なボリュームとなったのが本です。
実家の書籍と今自分が住んでいる住居にある書籍とをまとめると、それなりの量になり、新しく建てる家が広いとは言ってもそのまま移動させるとせっかくの収納が全て埋まってしまいます。
しかも引越しのときに整理して初めてみる本なども多くあり、20年以上も開かれていない本もかなりありました。
せっかくなのでこれを機会に処分して、運が良ければ私のへそくりにしてしまおう、そんな悪だくみも考えながら、段ボールに詰めていきました。
小説や文庫本は再び読み返しても面白いものもあるので、そのまま保管することにしたのですが、無駄に多かったのが百科事典と雑誌です。
百科事典などはおそらく私自身が子供のころから家にあったモノで40年以上前に購入したものだと思われ、もちろん内容も40年以上前で古すぎますし、今はネットで簡単に調べられるのにわざわざ百科事典を利用することなどありません。
それがなんと20刊セットであるのです。
運ぶだけでも非常に重く、よくもこんなものが家のリビングにあったものだと感心しました。
そして雑誌はなんとなく買い続けていたものが段ボールに3つ以上ありました。
もうすっかり古くなって二度と誰も見ることが無くなっていたのですが実家だと場所もあったので、なんとなくもったいないような気がしていたので処分しないままズルズルとここまで来てしまっていました。
廃品回収に出すわけではないので、きっちりと段ボールに綺麗に入れようとしたのですが、百科事典は非常に重くて段ボールが負けて破れてしまいました。
なんとかちょうどいい大きさでしっかりしたものを探し、整理して入れるだけでも数日、さらに雑誌も種類に分けて一応古い新しいも分類しながら整理していると一週間以上かかってしまいました。
読まなくなった漫画もせっかくだからまとめて、ようやくブックオフで査定してもらおうと車に積み込むのも大変。
店舗についてからカウンターに運ぶのも、一人じゃどうにもならず店員さんにお手伝いいただいて台車まで用意してもらってようやく査定してもらいました。
「全部で1000円です」もうお金にならないとのこと、この金額も捨てる気持ちの漫画に付いた価格でした。
もうゴミに出せばよかったと後悔しながらも、最後、店内でやっていたくじ引きで、幼稚園の息子が見事3000円の商品券を当てたのが、唯一の救いとなりました。
親の家はそれなりに整理されていましたが、タンスにはもう着ない衣類がぎゅうぎゅうに詰まっていました。
特に着物が予想以上に多かったです。
でも親が着物を着ているところは冠婚葬祭の時しか見たことがありません。
そこで綺麗で傷がない着物は着物買取専門店に売ってしまおうということになりました。
http://おすすめ着物買取.com/
服はその辺のリサイクルショップで買取してもらおうと思ってます。
どれも高価買取だといいのですがね。