Home 未分類 • イニシエーションラブ

イニシエーションラブ

 - 

タイトルと表紙の様子から、普通の恋愛小説だと思って購入しました。そして普通の恋愛小説だと思ったまま最後まで読んでしまいました。何かが変だと気づいたのは、あとがきを読んでいる時です。普通の小説とは違い、作中に出て来る用語の解説が書いてありました。最初は時代考証が少し昔だから、わかりやすくするためにあるのだと思いました。でも、最後まで読むと読み終わった本が、恋愛小説ではないことに気付きました。そして初めから本を読み返し、物語にしかけられた謎に気づきました。表紙の帯に「読み返したくなる」と書いてあり、まさしくその通りの行動をとったわけです。

結論からいうと、この本は恋愛小説ではなくミステリー小説です。ミステリー小説好きの同僚は、半分も読まないうちに作中に仕掛けられた謎に気づきました。あまり本を読まない別の同僚は、あとがきまで読んでも気づきませんでした。今までの読書歴や考え方によって、どの時点で謎に気づくかが決まるようです。

ミステリー好きの同僚は「もっとすごい謎だと思ったから残念」と言っていました。謎の気づかなかった同僚は「それってズルくない?」と悔しそうでした。そして読書が好きでも、ミステリーが好きではない私は、単純に驚いて面白いと思いました。

私のようにミステリーが好きではない方の方が、かえって楽しめるのかもしれません。もしこの本を読む場合は、間違ってもあとがきから読まないことです。読み終わった後に、周囲の人とどの時点で謎に気づいたから話すのも楽しいかもしれません。

Author:shopazuraazwa