Home 未分類 • 動物のお医者さん

動物のお医者さん

 - 

北海道・札幌のH大学獣医学部に在学する学生たちと動物たちが巻き起こす物語です。主人公・西根公輝(愛称:ハムテル)と飼い犬であるシベリアンハスキーのチョビを中心に、獣医学部の日常が描かれていきます。

当時、まだあまり知られていなかったシベリアンハスキーの個性的な特徴(顔はコワイが性格は温厚)が注目され、ハスキー・ブームを巻き起こしました。

登場人物もまた個性あふれる面々ばかり。真面目でどちらかといえば“薄い”キャラクターのハムテルを振り回す家族・友人・先輩・教授陣が、さまざまなエピソードを生み出していきます。

また、獣医学部だけに大動物から小動物まで、いろいろな動物たちが登場。リアルな筆致で描写されるそれらの生態なども大変魅力的です。この、生き物や北海道の自然をリアルに描いたという点が、この作品の最大の人気のポイントだといえるでしょう。

毎回、エピソードの面白さに笑いながら惹き込まれていくのですが、ハムテルたちは至って真剣。そのギャップがますますおかしさを誘います。

「動物のお医者さん」というタイトルにも関わらず、彼らがお医者さんになる前に連載は終了しました。読者の中で、彼らはずっと学生のまま。いつか本当にお医者さんになった彼らの物語が始まるのではないかと、今も続編が待たれます。

Author:shopazuraazwa